2019年5月25日(土) 01:49 JST

語学耳

 
 

 外国語を学ぼうとする時、耳の大切さ、聴覚の大切さを考えたことがあるでしょうか。
中学、高校で6年間、大学を入れると10年間英語を学びながら、話せないのは、日本人の耳が高周波で話す英語の音が聞き取れないためなのです。
日本語は、数キロヘルツくらいの間での周波数でしか話さないのに対して英語は、10キロヘルツの周波数を必要とします。 

 

 英語が分からないというのは、日本語の耳にしかなっていない耳で、英語を聞いても、実は音が聞こえていないのです。
このため、英語を学ぼうとする時、英語の音が分かる耳を作りながら勉強する必要があるのです。  

デジ速には、英語で話される10キロヘルツ以上の音に耳が慣れるよう、
「語学耳」機能がついています。


また、英語を聞くスピーカーは高音部が出るもので聞かないと、学習効果が半減します。テレビに付いているスピーカーは中音しか出ないものが多いので、注意が必要です。

 ■デジ速は、語学学習の最高のツール

1.英語を聴き取れる「英語耳」が出来ること。
2. 速音聴の効果で、英語の高速なしゃべりも、ゆっくり聞こえるようになる。
3. 効率的な反復練習が出来る。
 



 「デジ速」活用法について進む





デジ速トップページへ進む このページのトップへ戻る


最終更新日: 2007年3月18日(日) 13:40 JST; 2,726 閲覧件数 印刷用画面